3つのタイプに分けられる井工事で井戸を掘ろう

調査をする

住宅を建築するためには、土地の強度が重要になります。軟弱地盤の上に建物を建てた場合、建物にひずみが生じたり、全体的に傾いたりして、補修が必要になるケースがあります。そうならないためには、住宅を建築する前にきちんと地盤調査を行って、地盤改良を行う必要があります。その際に気をつけるべきことは、地盤改良をした結果、土地の価値が下がる可能性があるということです。軟弱地盤が浅く、表層改良程度で済めばいいのですが、土中にコンクリート柱や鋼管杭を埋設する場合には、後々、その土地を更地にしようとする場合に産業廃棄物になってしまいます。コンクリートの柱や鋼の杭が数mの深さまで数十本も打ち込まれているわけですから、撤去は容易ではありません。

地盤改良を施さなければ住宅が建たないのであれば仕方がありませんが、地盤改良後の土地に別の建物を建てようと思うと、かなりの費用が必要になってきますので、その点をあらかじめ考えておく必要があります。最近の風潮として、できるだけ安心な改良工法を採用する傾向にありますが、確実性が高い改良工法であればあるほど、大変な工程になり、土中への影響も大きくなります。そのため、影響をできるだけ少なく、適切な工法を選択するようにしなければなりません。また、土中への影響を少なくするため、天然砕石による柱をしようすることで産業廃棄物を発生させないようにするなど、地盤改良の工法を検討する場合には、様々な観点から考える必要があります。