3つのタイプに分けられる井工事で井戸を掘ろう

地盤調査とは

住宅を建築する際に必ず地盤調査を行う必要があります。この調査結果に基づき地盤改良工事が必要か必要ないかを判断されます。この判断というのは地盤調査会社が行います。この調査会社というのは建築会社とは独立した別会社であることがほとんどです。ですから建築会社の人が異議を唱えたところでこの調査会社が指示した改良工事を行わなければ地盤の保証を受けることができないのです。地盤の保証を受けられなければ建築会社は上に建物を建築することができません。 ですから地盤調査は必ず必要になりその結果に基づき改良工事が必要な場合は支持された改良工事を行う必要があります。しかしこの改良工事、場合によっては数百万円の費用が掛かることもあり、住宅建築の際の資金計画に大きな影響を与えることもあるのです。

一戸建て住宅で行われている地盤調査の多くはスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる調査方法が採用されています。この調査方法は直径3センチ程度の棒を機械を使って地面に打ち込みます。打ち込まれた際に刺さった長さなどをもとに地盤を縦方向に掘削しどのような地層になっているのかを解析するのです。この解析結果をもとにどのような改良が必要か、必要ないかを判断します。一か所2万円程度で調査をすることができます。とはいえ調査を行う際には1か所のみ行うことは少なく建物の四隅と中央の5か所を行うことが多く調査費用は10万円程度のケースが多いのです。もちろん調査方法はスウェーデン式サウンディング試験だけではなく、ほかの調査方法の場合にはさらに費用が掛かる場合もあります。上に建築する住宅によっては調査方法が制限される場合もあるので疑問に感じたら建築会社に説明を求め納得することが重要です。